秋のドライブミュージックはこれで決まり!Benoit / Freeman Project 2

こんばんは、ひなぱぱです。

夏休みもなく、毎日毎日仕事ばかりで、夏らしいことを全くせぬまま2018年の夏が終わろうとしております。

中身の薄っぺらい夏を過ごしたせいで、何も残らなかった私ですが、夏休みの宿題だけが大量に残った娘に比べれば、まだマシと言うもの。

娘よ。あと一日で、どのように読書感想文を書き上げるつもりなのかい。本もよんでいないのに。

さて、まもなく秋がやってくるという事で、当ブログでは秋に聞きたいアルバムの数々をご紹介していこうと思います。今回がその第一回目。そして、当ブログの記念すべき100記事目でございます。よろしければ読んでいってくださいネ。それではレビューにGO~~♪

本日、紹介するアルバムは「Benoit / Freeman Project 2」です。

コチラの作品は、スムースジャズピアニストとしてソロで活躍しているDavid Benoitと、スムースジャズ界のスーパーグループ、ジャズキャットでお馴染みのThe RippingtonsのリーダーでギタリストのRuss Freemanが共同制作し2004年にリリースしたアルバムです。

遡ること10年前に1がリリースされています。

アルバムタイトルから分かるように、1994年には「1」もリリースされております。スムースジャズの花形楽器=サックスを排除したバンド構成で大成功したFourplayに倣えで、ノーサックスで制作された1は、楽曲の良さと、二人の奏でる音色の相性の良さから、スムースジャズファンに語り継がれる名盤となっております。ちなみに1はコチラ↓↓

そんな「1」から丁度、10年後に作られたのが、本作「Benoit / Freeman Project 2」です。

ベテランらしい円熟した演奏がキモ

前作からの10年間の間に、ベノワ、ラス共にフレッシュさが売りのLAフュージョンから、グルービンなスムースジャズ系に作風が変わっていったわけですが、そんなスタイルの変化が、このアルバムにも反映されています。(そして10年分の加齢も)

イメージ的には、「1」は春の息吹を感じるイキイキとした印象で、「2」はしっとりとした秋を彷彿させる落ち着いた印象。素敵なオジサマが奏でる、洒落たミュージックってな感じですね。

バンド構成はいたってシンプルで、メインはギター、ピアノ、ドラム、ベース。そこに曲によって、アナログストリングスやスキャット、ボーカルなんかが加わります。

もちろんメインは、ベノワのピアノとラスのギター。アルバム通して概ね、アコ―ステック楽器の比率が高いです。2人の歌心あるプレイが光っていますネ。

楽曲のテンポは、ミディアム~スローが大半ですね。しっとりと聞かせる楽曲が多いのが印象的です。ただ、退屈さは感じられないのでご安心を!

特にアルバム1~3曲目は円熟した演奏ながら、軽やかなメロディーラインをもった、ラジオオリエンテッドなスムースジャズチューン。

1曲目「Palmetto Park」はUSENのスムースジャズ系チャンネルでもよく流れていますし、3曲目「Montecito」は、心地よいリズムと、David Packのスキャットが印象的です。

その他の楽曲も、サンバあり、ジャズボーカル(風?)あり、ストリングスをふんだんに使ったクラシカルな楽曲ありと中々バラエティーに富んだ印象です。

個人的には、David Benoitの「Professional Dreamer」に近い作風だと思います。

そんな円熟味と軽やかさが良い塩梅でまとまっている本作。これからの季節のドライブに最適なのではないでしょうか。是非おためしあれ!

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押してくれたら喜びます♪

人気ブログランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。