印象派絵画のような趣。Fourplay 「4」

こんばんは!ひなパパこと「パステル工房」の管理人です。

ここのところ日中の気温がグンと上がり、私の住んでいる地方でも桜の開花がみられ何となく気分浮き立つ季節になりましたが、多くの会社で3月は決算月。「バタバタして、呑気に桜を見てる場合じゃねぇよ!」とサラリーマンお父さん達の悲鳴が聞こえてきそうであります(ちなみにウチは7月)。本日は、そんな疲れたお父さん達にオススメのリラクゼーション効果の高い作品をご紹介いたします。これを聞いて心身共にリフレッシュしてくださいネ♪

本日ご紹介するアルバムは、スムースジャズ界のスーパーバンドFourplayが1998年にリリースした「4」です。試聴ファイルもございますので、よろしければ見ていってください♪それではレビューにGO~♪

Fourplayは1990年に結成されたスムースジャズバンド。オリジナルのメンバーは、ボブ・ジェームズ(ピアノ)、リ-・リトナー(ギター)、ネイザン・イースト(ベース兼ボーカル)、ハービー・メイソン(ドラム)の4人。

メンバー各自が、凄腕のセッションマンかつ著名なソロイストの為、結成当時スーパーバンドの登場とかなり話題になりました。スムースジャズの花形楽器であるサックスをあえて使わない、サックスなし縛りながらも、メンバー各自の高い作曲能力と演奏力、バンドサウンドとしては最強ともいえるタイトで絶妙なアンサンブルによりゴールドディスクを獲得。デビューアルバムはビルボートのコンテテンポラリー・ジャズ・チャートで33週ナンバー1という快挙を成し遂げました。

その後、1997年にリー・リトナーが脱退し、ラリー・カールトンが加入。2010年には、そのラリーが脱退し、チャック・ローブをギターに迎えたもの2017年にチャックがガンにより逝去。現在は活動を休止しています。


今回紹介する「4」はラリー・カールトン加入後、初めてリリースされた、いわば新生フォープレイのデビューアルバム的位置づけの作品。加入後すぐのレコーディングだった為、収録曲10曲中カールトン作のナンバーは2曲のみ。演奏においても、まだどこか他のメンバーに遠慮しているような控えめなプレイで、バンド内での立ち位置を模索しているようにも思えます。

作風はリトナーが在籍していた前作「エリクシール」を踏襲した、落ち着いた雰囲気のスムースジャズですが、サウンドの色合いはやはり従来までのモノとはコロっと変化しております。

リー・リトナーは躍動感のある動的なプレイを得意とするギタリストでしたので、バンドサウンドもヴィヴィドでコマーシャルなものでした。それに対し、ラリー・カールトンは静的でエモーショナルに訴えるタイプのギタリストなので、サウンドの輪郭は、ややぼやけ気味ですが、よりマイルドで大人っぽい作品に仕上がっています。

例えるなら、印象派絵画のようなサウンド

1800年代後半のフランスで印象派と呼ばれた芸術のムーブメントが起こりました。マネ・モネ・ルノアールといった印象派の画家たちは、従来の西洋美術の基礎である実写主義や遠近法から脱却を試み、光や空気感といった形のないものを絵の中で捉えようとしました。

印象派の画家のタッチは、それまでのものと比較すれば、いささか不明瞭でぼやけたものでしたが、作品全体を見ると、色彩豊かで透明感に溢れていて、それが多くの人の心をつかんだのです。

こと、この作品に関しては、リトナー期と比べ一音一音の明瞭性に欠けるものの、トータルサウンドとして作品を見渡すと、サウンドの深みが増したことにより聞き手のイメージをより喚起させるようなサウンドとなっております。

まとめ。

本作は、リラックスした雰囲気のなか奏でられる円熟した大人のスムースジャズ。そのシルキーでエモーショナルなサウンドからは、全身の筋肉が弛緩するような心地よさを感じます。最近お疲れ気味の方は、是非この作品を聞いて芯までリラックスしてください。オススメ♪

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押してくれたら喜びます♪

人気ブログランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。