カラーコーディネーター3級要点まとめ。【Chapter2 色を表す方法】

色の伝達方法

1.色見本方式  実物

2.色名方式

●慣用色名

言葉に置き換えて色を表示する方法

例:バラ色・朱色・空色・赤・黄・青

●系統色名

系統立てた言葉の組み合わせで色を表示する方法

例:あざやかな黄みの赤

JISの色名体系

1.慣用色名 (JIS慣用色名の総数=269色)

固有色名の中でも人々の間で一般に慣用され、定着しているものをさす

※時代・文化・地域などを共有している人々の間でしか伝達できない

※同色で異なる色名あり

2.系統色名 (JIS系統色名の総数=350色)

■基礎構造  ⇒ 修飾語+基本色名

●有彩色の系統色名

明度および彩度に関する修飾語色相に関する修飾語+基本色名

※色相に関する修飾語は、色相環の両隣の基本色名に対応

●色みを帯びた無彩色の系統色名

色相に関する修飾語無彩色の明度に関する修飾語+無彩色の基本色名

※明度に関する修飾語は基本色名が灰色の時のみ使える

●無彩色の系統色名

無彩色の明度に関する修飾語+無彩色の基本色名

カラーオーダシステム

カラーオーダシステムの定義 BY 国際色彩学会(AIC)

物体色を順序よく配列し、合理的な方法または計画で標準化した表色体系」

代表的なカラーオーダシステム

【マンセルシステム】

アメリカの画家で美術教師であったマンセルが1905年に考案

その後アメリカ光学会(OSA)が色票集を測色、均等性をもつよう並び方を修正

1943年に『修正マンセル色票系』を発表 ⇒ JIS標準色票に採用

■色の三属性

1.色相(Hue)

基本色相5色:赤・黄・緑・青・紫

中間色相5色:黄赤・黄緑・青緑・青紫・赤紫

10色相をそれぞれの色相記号に1~10までの数値を添えて10分割 (中心位置は5)

●色相環・・・色相を環状に並べたもの

2.明度(Value)

もっとも明るい色(理想的な白)と、もっとも暗い色(理想的な黒)の間を

知覚的に等間隔となるよう10段階に分割

白:10~8.75の領域

黒:2.25~0の領域

灰色:白と黒の間

3.彩度(Chroma)

無彩色の彩度を0として数値で表す

彩度の数値の上限はないが、実際上は14がほぼ最高値

表面色の色の見えについてのみ用いる

●その他の鮮やかさの概念

カラフルネス・知覚クロマ・飽和度

■色の表示方法

色相 明度/彩度  例:肌色=1YR 6/4

※無彩色はN(ニュートラル)記号の後に明度を表す数字を記載

■円筒座標と色立体

マルセルの三属性は無彩色の明度を中心に円筒座標で表せる

円筒座標を三次元で立体的に表したものが色立体(いびつな形)

●色立体を真横に切ると⇒色相環

●中心軸に沿って縦に切ると⇒等色相断面

●等色相断面に現れた明度・彩度はまとめて「うすい」「濃い」「さえた」などの形容詞で表すことができる = トーン(色調)

※トーンを使うことで、三属性を二属性で表現可


【CCIC】

商工会議所カラーコーディネーションチャートの略

色相とトーンの二属性による色彩体系

目的:カラーコーディネーターやデザイン専門家の配色実務に適合する

■CCICの色相

マンセル色相環を80分割しその中からほぼ知覚的等歩度に24色相を抽出

基本色相:赤・黄・緑・青・紫・オレンジ

※マンセル基本色相+オレンジ

簡易チャートでは12色相

■CCICのトーン

有彩色トーン:21分割  無彩色トーン:10分割

有彩色:低彩度領域のトーンを重視

無彩色:大きく6分割し高明度色を重視

■CCICの色の表現方法

トーン記号 – 色相記号」で表示

例:ヴィヴィドレッド vv-R3


【NCS】

ドイツの生理学者へリングが1905年に示した色の自然な体系をもとにした表色系

1979年にスェーデンの国家規格に制定

心理的尺度に基づき人間の知覚量を記述することを目的

■NCSの色相

へリングの四原色(赤・黄・緑・青) + 白・黒

■NCSの表示方法

黒色度(黒み) クロマチックネス(色み) – 色相」で表示

例:あさぎいろ 20 60 – B10G

20%が黒み、60%が色み、残る20%が白み(表記されない)

色相の内訳は90%が青み、10%が緑み


【PCCS】

色彩調和を目的とした国産の表色系

■PCCSの色相

主要原色:赤・黄・緑・青 (NCSと同じ) 

主要原色の心理補色を原色の対向位置に配置し、さらに中間の色相を補った24色相

それぞれの色相には、色記号がつけられている

■PCCSの明度

知覚的等歩度性に基づき、白から黒までの間を17分割

■PCCSの彩度

心理的にもっとも鮮やかな純色を10sと定義

色票で再現できるもっとも鮮やかな色は9s 

9sと無彩色の間を知覚的等歩度になるよう分割

■PCCSのトーン

トーン概念あり

■PCCSの色彩調和論

配色を色同士の色相差に注目し考察

0=同一色相 1=隣接色相 2~3=類似色相

4~7=中差色相 8~10=対照色相 11~12=補色色相

※CCICの色差区分と同じ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。