カラーコーディネーター3級 要点まとめ【人名・キーワード】

カラーコーディネーター3級のテキストを読み進めていくうちに、必ずこんがらがるのが頻出人名とその人物にまつわるキーワード。選択問題でもよく出題されるのでキチンと要点を押さえておきましょう♪

カラーコーディネーター3級、頻出人物名とキーワード

Capter 1 【色のはたらきと心理】

チェスキン

アメリカ [カラーコンサルタント]

著書「役立つ色彩」

黒い箱を、うすい緑に塗り替えたら、運搬作業者の疲労度が軽減した

ビレン

アメリカ [色彩学者]

著書「色彩心理と色彩療法」

・日常運搬の箱やコンテナの色は寒色系の明るい色がよい

・トーンの分類→

1.純色(カラー)

2.清色系のトーン

2-1.明清色(ティントtint)  2-2.暗清色(シェードShade)

3.濁色系のトーン(トーンtone)

3-1. 明濁色  3-2.中濁色 3-3.暗濁色

オズグット

アメリカ [心理学者]

色のイメージの世界の構造を解析=

・意味微分法(SD法)

情緒的意味の形容詞とその反対語対を両端に置き、色の持つイメージを解析

評価結果をグラフ化=プロフィール

得られたデーターを元に因子分析

Chapter 2 【色を表す方法】


マンセル

アメリカ[画家/美術教師]

マンセルシステム

1905年考案 ⇒ 1929年色票集として出版 ⇒

アメリカ光学会(OSA)が測色し並びかたが均等性をもつよう修正

1943年『修正マンセル表色系』 ← JIS標準色票に採用

●色の三属性

1.色相(hue) 2.明度(Value) 3.彩度(Chroma)

円筒座標で表記→(三次元化)→色立体

へリング

ドイツ[生理学者]

NCS(ナチュラルカラーシステム) 1905年

心理的尺度に基づき人間の知覚量を記述することを目的とした表式系

1979年スェーデンの国家規格に制定

●へリングの反対色説

ヤング-ヘルムホルツの三色説を否定し赤・青・緑・黄の四原色での色相環

四原色は、赤と緑、青と黄、白と黒の三系列で成り立っていて

片方の色信号が送られるともう一方の色信号は抑制される性質をもつと考える

Chapter 3 【色の組み合わせ】


ルード

アメリカ[自然科学者]

色相の自然連鎖を考察⇒

日向の明るい部分の色 黄みに見える

日陰の暗い部分の色  青みに見える

自然な調和 Natural harmony

自然連鎖に沿った調和

シュヴルール

フランス [ゴブラン織りの研究]

著書『色の同時対比の法則』

色彩調和論の祖 色相とトーンによる調和の概念

色彩調和を「類似の調和」と「対象の調和」に分類


7.オストワルト

色立体 オストワルトシステム


8.ムーン – スペンサー

色彩調和を定量的に置き換え 調和領域・不調和領域 美度


9.ジャッド

秩序の原理 親近性の原理 共通性の原理 明白性の原理


10.ニュートン

光をスペクトルに分光 多くの受容器


11.ヤング – ヘルムホルツ

3つの受容体 3種の受容器の感度


12.へリング

反対色説 赤・青・緑・黄の四原色での色相環


13.キルシュマン

キルシュマンの法則(対比関連)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。