お知らせ

2018年5月10日 22時40分

ゴールデンハムスターの茶々丸が虹の橋を渡りました。茶々丸は娘がお世話をしていたのですが、奇しくも亡くなった当日、娘は修学旅行の為不在。私が仕事から帰宅した後、茶々丸の容態がおかしいのを発見し、ブドウ糖液を飲ませるなどの措置は取ったものの、最後はママの掌の中で永眠いたしました。享年2歳7ヶ月。

茶々丸は、先代ハムスターのしま君がなくなった後、私と娘でペットショップに行き我が家に迎え入れた子で、ペットショップにいた時から同じケージ内にいる他のゴールデンハムスターに比べ一際大きく活発で、大きな瞳が特徴的な子でした。

我が家に来てからも、すくすくと育ち続け、ケージ備え付けの回し車に入りきらないサイズまで成長し、ケージ内の巣も含め、ほとんど新調しなければならないほどでした。

そんな大きな体格にも関わらず、穏やかな性格の持ち主で、娘にたいしても噛む事をしない優しい子でした。

茶々丸。。娘といっぱい遊んでくれてありがとう。安らかに眠ってね。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。