お父さんのお小遣い投資 第一弾。ことはじめ。

こんばんは。今年から投資信託の積立を始めた管理人です。
本日は、私が投資信託をはじめるに至った経緯を書いていきたいと思います。

そもそものはじまりは、自動車ローンの見直しから。

昨年末に会社の同僚と話をしていたとき、たまたま自動車ローンの話題になりました。

どうやらその同僚は車を買い替えるらしく、ローンの審査を通すのだとか。そして、その申請先のローンは来店不要型の低金利で有名だそうな。2年前に私が車を購入していることを知っている彼は、私に聞いてきました。

彼「そういえば、管理人くんは金利なんぼのとこで組んでるの(関西弁)」

私「えっ?金利?何パーセントだろう。気にしたことなかったや」

・・・・・・・・・・・

購入先の中古車屋で購入時にそのままローン契約をし、この2年払い続けてきた私。毎月の返済額の大きさに頭を悩ませながらも、払うことが生活の一部になっていて、それが損をしているのか?ということまでは考えていませんでした。

帰宅後、棚の奥で眠っていたローン契約書を引っ張り出し確認してみたところ、金利の%表記こそないものの、元本と支払い総額から計算してみると、

なんと「7.9%」!!!!

同僚が話していたローン先だと年率1.7%ということなので、6%以上も多く払っていることに。計算してみると、トータル約20万円ほど余分にしはらう結果に。これにはビックリ!!

今まで、何も考えず、調べもせず払い続けていた自分のことが急にバカらしくなりました。(当然、払わないよりはずっとましですが。)

そんなこんなで、急いで彼の薦めてくれたローン先に借り換え申請を行いました。

もともと、お金のことは無頓着&無知な私。

ふりかえってみれば、私は小さなときからお金に無頓着でした。地方のそれなりに裕福な家に育ったわたし。親はお金の話をすることの嫌いな、典型的な昔堅気な人。「頑張って仕事をして給料をもらえばそれでよい。お金の話は卑しいこと」そんな考えであった為、私はお金に関して深く考えることは、ほとんどありませんでした。(当然親には感謝してますし、今でもとっても仲が良いですよ)

そんなこんなで、お金の使い方が下手なわたしは、ギャンブルこそしないものの、クレジットのショッピング枠、キャッシング枠共にリボ払い残あり。家計もギリギリで、わたしとママの年2回のボーナスでなんとかやりくりしている始末。貯金だって決して多くはありません。

心機一転、家計の見直しと、お金のことを考え始める。

自動車ローンの一件で、自分たち(ほとんど自分)がいかにお金に無知であったか思い知ったわたし。心機一転、家計の見直しを始めることに。すると、日々の生活でいかに無駄が多いかが明るみになってきました。

我が家は共働きの為、晩御飯は出来合いのものが多く、また外食も頻繁にしていたので、月の食費が必要以上に掛かっていました。また、休日にはプチ旅行と称して、車で遠方まで遊びに行くことも多く、高速代がかさんでいました。他にも、私の趣味関連費用(弾きもしないギター・買っても練習しない楽譜など)や毎月のローンとクレジットリボの支払い・・・などなど。

これでは、余裕が出るわけがありませんね。そこで節約生活開始。ママに無理を言って、極力ご飯は自炊に。もちろん昼食もお弁当持参で。私は中学校2年生から買い出した(溜まりに溜まっていた)CDを売却し、リボ&分割払いの返済に。これで私の手取りの中から約2割は貯金に回すことが可能になりました。

収入を増やすことと、お金に働いてきてもらうことを考える

昔とは違い、いまのご時世、サラリーマンの給料が毎年確実にあがる保証はどこにもありません。日本の経済は行く末不安。しかも、私が働いている職種は、近年頭打ち状態。同業者の倒産の話もよく耳にします。幸い今の会社は好調で、お給料の伸びしろもまだ期待できるのですが、将来のことはわかりません。

そこで、職場からのお給料以外にも収入源を得るべく伏線をはることに。(これはまだ現実化はしていませんが・・・)そしてもう一つは、お金に働いてきてもらって「お金を増やす」ことを考えはじめました。

お金でお金を増やす方法は?そのなかで自分でもできそうなものは何だろう??

世の中には、いろんな投資が星の数ほどありますが、どれを選択するか考えるうえでネックとなったのが次の点です。

1.サラリーマンという生活スタイルの中で可能なもの。

2.初期投資にそれほど大きな額面がいらない。

3.リスクマネージメントがしやすい。

4.仕組みがあるていど自分でも理解できそうなもの。

5.手軽なもの。

以上5つのポイントを考慮したうえで、浮かび上がってきたのが「投資信託」でした。というか、僕が知る限りの投資法で残ったのがこれだけでした。

SBI証券でとりあえずはじめてみる。

とりあえず、習うより慣れろということで、数年前に口座開設をしたきり放置していたSBI証券で投資信託を買ってみることに。購入前に、投資信託に関する有名ブログ(素晴らしいブログばかりです)を拝見し聞きかじった知識を基に購入。購入の際のチェックポイントは、

1.インデックス投資であること

2.購入手数料が無料であること

3.分配金を出さないこと

4.信託報酬が安いこと

5.純資産が下がり気味でないこと

買った銘柄は?月々の積立金は?

以上の条件を基に(例外あり)私が購入したのは以下の6つ

1.外国株式コース

ニッセイ外国株式インデックスファンド GSビックデーターストラテジー外国株式(※)

2. 国内株式コース

ニッセイ日経225インデックスファンド

3.新興国株式コース

e MAXIS Sllim 新興国株式インデックス

4.国内債券コース

ニッセイ国内債券インデックスファンド

5.外国債券コース

e MAXIS Slim 先進国債券インデックスファンド

※GSビックデーターストラテジー外国株式は信託報酬が年1.3284%と高く、上のチェックポイント4から外れますが、ビックデーターを用いたアナレイシスという点に惹かれ購入。設立したばかりなのでパフォーマンスをみつつ今後のふりかたを検討するつもりです。

そして、月々の積立金は、6000円 (笑)

6万円ではありません。6千円でありまする。そこは我が家の家計事情をご察し下さい。チリも積もれば山となるを信じて、10年は持つつもりでございます。ボーナスの割りあてについては現在考えておりませぬ。

さて、わたしの「お父さんのお小遣い投資」(命名!)今後どのようになってゆくか、経過を追ってご報告いたします。長話にお付き合いいただきありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。