2018年03月一覧

Lee Ritenour 「Rit2」

ジャズ・フュージョン界の大物ギタリスト、リー・リトナーの1982年の作品。前作「RIT」からの流れを汲むAOR然としたポップナンバーが印象的。セールス的には成功しませんでしたが、AORエッセンスの詰まった快作です。

Jane Wiedlin 「Fur」

80年代ガールズポップの好盤。全米9位を記録した「ラッシュアワー」以外にもキュート&バブリーなポップソング満載の一枚。試聴ファイルもございますので、是非聞いてみてくださいネ!

Daryl Hall & John Oates 「Ooh Yeah!」

人気ポップスデュオ、ホール&オーツの1988年の作品。ハードボイルドタッチのクールな作風と、緻密な楽曲が印象的な作品です。しかし、80年代の彼らのアルバムの中では、セールス的にはあまり成功しなかった作品でもあります。

本日の我が家。

電気ストーブの前で暖をとる二匹。この二匹は昔から大の仲良し。幼少期には二人でよくかくれんぼをして遊んでいました。そんな二匹を見ながらふと思い出したエピソードがあります。

ちょっと真面目に音楽理論03 (コードの表記を学ぼう)

なんちゃって作曲入門のサブコーナ。本編では触れない音楽理論について書いていきます。今回はコード表記のルールについて。手書きのコード譜などで見られる表記方にも対応していますよ♪コードを正しく読むことは、音楽への理解に直結します。サクッと覚えてしまいましょう!

人間の夢、動物の夢。

我が家のペットたちの寝顔を見ていてふと思いました。この子たちはどんな夢をみるのだろう?もしかしたら凄く現実的な夢をみているのではないかな?今日はそんなお話。ろくに調べずに書いたのでグダグダかも(笑)

遅れてきた80年代サウンド!Atlantic「Power」

イギリスの8人組のメロディアスハード系バンド。カラッとした80年代ロックサウンドなのに、94年の作品なの?(笑)サウンドの軽さや、演奏技術にB級ぽさがありますが、Z級のアルバムアートワークに比べれば、随分ましに思えるかも。